ビッグバンセオリー解説 海外ドラマ解説

ビッグバンセオリーで英語を楽しく学ぶ7

更新日:

この記事でわかること〇 ビッグバンセオリーが英語学習によいわけ

 

〇 ビッグバンセオリー シーズン 1-7 で使用された英語表現とその使用例

ビッグバンセオリーとは

ビッグバンセオリーは、科学者であるシェルドンとレナードの日常を面白おかしく描いた、アメリカのコメディドラマです。

科学者に焦点を当てているため、他のコメディドラマ (フルハウスやフレンズ等) に比べて、聞きなれない表現や学術的な単語が出てきます。

しかし、1話約20分である点は素晴らしく、隙間時間などに手軽に鑑賞できます。

ビッグバンセオリーを用いた英語学習は、日常生活で使える表現+レベルの高い語彙が身に着くリスニング能力が飛躍的に向上するという点で非常に効果的です。

他のコメディドラマより難易度は高めですが、ぜひチャレンジしてみてください。

海外ドラマを用いた英語学習法は、英語を話すための学習法に載せています。

ビッグバンセオリーに登場する人物

sheldon.jpg

Sheldon (シェルドン)… 頭脳は非常に優れている(博士号を2つ保持)が、場の雰囲気や人の感情を理解することが特段苦手。

leonard.jpg

Leonard (レナード)… シェルドンと同じアパートに住んでいる物理学者(博士号)。シェルドンよりもはるかに社交的。

Penny.jpg

Penny (ペニー)… シェルドンとレナードのアパートの向い部屋に引っ越してきた美女。アメリカ中西部の出身で、主人公の2人よりも男勝りな性格。

Howard.png

Howard (ハワード)… 名門・MIT(マサチューセッツ工科大学)で修士号を取得。自称、多言語話者。

raj.jpg

Raj (ラージ)… インド出身の物理学者(博士号)。女性を前にすると話せなくなる。

ビッグバンセオリー シーズン 1-7の概要

ビッグバンセオリー シーズン1-7では、ペニーの友達・クリスティがカリフォルニアに遊びに来ます。

クリスティが遊びに来るまではよかったものの、クリスティとハワードがペニーの部屋を占領してしまい…

ビッグバンセオリー シーズン 1-7で使用された英語表現 

1. Can I hide out here for a while? は“ここでしばらくの間隠れてていい?”の意。

for a while で“しばらくの間”の意味。

hide out はネイティブらしい表現。(hide out = stay somewhere where you cannot be found)

ちなみに、“かくれんぼ”は英語で hide-and-seek と言う。

2. She was engaged to my cousin while sleeping with my brother. は“彼女私のいとこと婚約してた時に、私の兄(弟)と寝てたのよ”の意。

be engaged の代わりに get engaged を使うことがある。

例)

I got engaged. (婚約したの)

 

sleep with (someone) で“(行為ありで) 寝る”の意味。

例)

Did you sleep with her? (あの子とヤッたの)

また、Did you nail her? のように、nail が使われることもある。

3. whore は“売春婦、尻軽女”の意味。

ちなみに、prostitute も“売春婦”という意味の単語。

4. good grief は“こりゃ驚いた”の意味。

5. The only way we can play at this point is if we cut Raj in half. を少し意訳すると、“ラージを半分にでもしない限り、ゲームできないよ”となる。

the only way we can play at this point (現時点でぼくらがゲームをできる方法) までがこの文章の主語。

at this point は“この時点で”の意味。

6. Do you mind if I stay here tonight? は“今夜、ここで寝てもいい?”の意。

Do you mind…? と聞かれたとき、返答には注意されたい。

Yes. → 気にする。

No. → 気にしないよ。

 

紛らわしい場合は、You can stay. (泊まっていいよ) のように、文章で返すとよい。

7. Where do I begin? は“どこから始めようか?”の意。

Where do I start? と言う場合もある。

ちなみに、“終わりの始まり”は英語で the beginning of the end という。

8. Your head goes on the other end. を意訳すると“頭は反対向きに”となる。

9. marauder は“略奪者、襲撃者”の意味。

ちなみに、容疑者は英語で suspect という。

10. funeral はお葬式の意味。

人が亡くなったときによく言う“残念です”というフレーズは、英語で I’m sorry. という。

11. loofah は“ヘチマ、ヘチマの海綿状の繊維”の意味。

12. Let me offer a little outside-box thinking here. は“ちょっと新しい考えを見せよう”。の意味。

ここでの outside-box thinking は“固定観念 (常識など) にとらわれない考え方”を意味する。

Think outside the box. ということわざが有名。

13. Can’t you see she’s using you? は“利用されてるってわからないの”の意。

返答する際は注意。

Yes. → わかってるよ。

No. → わかってないよ。

ほかの例)

Aren’t you hungry?

Yes. → お腹空いてる。

No. → お腹空いてない。

 

ややこしくてわからないという方は、I’m not hungry. などと文章で返すとよい。

そのほうが確実。

14. It’s like talking to a wall. は“まるで壁に話しかけているみたい”の意。

海外ドラマを観賞するには

海外ドラマの鑑賞には、動画配信サイトがオススメです! インターネットのつながる環境であれば、好きな時に好きな場所でドラマを見ることができます。

Hulu、Netflix (ネットフリックス)、TSUTAYAであれば、無料お試し期間が最初に設けられています。

自分に合わないと思えば、お金を払う前に解約することができます。

クリックしていただけると、やる気があがります。

にほんブログ村 英語ブログ 英語独学へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

8話の解説はこちらから

ビッグバンセオリーで英語を楽しく学ぶ8

英語表現の解説PDFはこちらから

ビッグバンセオリー解説

-ビッグバンセオリー解説, 海外ドラマ解説

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.