英語学習

ビッグバンセオリーの英語表現を解説

更新日:

ビッグバンセオリーとは

ビッグバンセオリーは、科学者であるシェルドンとレナードの日常を面白おかしく描いた、アメリカのコメディドラマです。

科学者に焦点を当てているため、他のコメディドラマ (フルハウスやフレンズ等) に比べて、聞きなれない表現や学術的な単語が出てきます。しかし、1話約20分である点は素晴らしく、隙間時間などに手軽に鑑賞できます。

ビッグバンセオリーを用いた英語学習は、日常生活で使える表現+レベルの高い語彙が身につくリスニング能力が飛躍的に向上するという点で非常に効果的です。他のコメディドラマより難易度は高めですが、ぜひチャレンジしてみてください。

ビッグバンセオリーで使用された英語表現の解説

作中で使用された英語表現を関連する知識とともに解説しています。ドラマの理解に役立ててみてください。

ビッグバンセオリー第1話の解説

1. What’s your point? は“何が言いたいの。”の意。話の要点を聞きたいときに使える表現。また、相手の発言の意図がわからなかったときは、What do you mean? と聞くことができる。ちなみに、Justin Bieber の曲に What do you mean? がある。

2. Fill these out. は“これに記入して”の意。fill out は何かの用紙に全体的に記入するという意味。fill in は空欄箇所を埋めるという意味。例:Fill in the form, please.

3. renege は“約束や契約などを破る”の意。

4. Are you still mad about …? は“…のことでまだ怒っているの。”の意。

madは“とても怒っている (very angry)”の意。特定の人に対して怒っている場合は、I’m mad at you/him/her. となる。

5. clavicle は“鎖骨”の意。

6. We need to widen our circle. は“(交友の) 輪を広げないと”の意。widen はwide の動詞。この場面では、We need to socialize と言うこともできる。

7. You are inviting me over to eat? は“ご飯食べようって誘っているの?”の意。invite (人) to a party (パーティーに招待する) はよく聞く表現。

8. What do you guys do for fun around here? は、何をして楽しんでいるか、時間があるときに何をしているかを聞いている。似た表現として、What do you do in your free time? がある。ネイティブはよく you guys (君ら) 、you two (君ら二人) という表現を使う。

9. Make yourself at home. は“くつろいで”の意。家に人を招いたときによく使う表現。

10. Do you guys mind if I start? は“食べ始めてもいい。”の意。mindを使った表現はほかにも、Do you mind if I open the window? や I don’t mind going there alone. がある。

11. What’s the difference? は“違いは何?”の意。What’s the difference between A and B? (AとBの違いは何。)とすれば、ある2つの違いを尋ねることができる。

12. It tells us that you participate in the mass cultural delusion that the sun’s position relative to arbitrary defined constellations at the time of your birth somehow affects your personality. は、“出生時に任意に決定される正座の位置に対する相対的な太陽の位置がどういうわけか性格に影響を及ぼすという集団的妄想の中に君がいることがわかる”と訳される。日本語で読んでも難しい (笑)。

tell (someone) that… とすれば、that のあとに伝える内容が文章として入る。the mass cultural delusion that… は名詞+that の形。名詞の内容をthat以下の文章で修飾することができる。Sheldon は科学者であるため、占星術などは一切信じていない。ちなみに、Penny はparticipate in the what? と言っており、シェルドンの発言を途中から理解できていないことがうかがえる。

13. You’re lactose intolerant. は“乳製品に弱い (乳製品を食べることができない) ”の意。lactose intolerant の詳しい解説はインターネットなどで調べてみてください。

14. It took you four years to get through high school? は“高校を卒業するのに4年もかかったの?”の意。天才であるSheldonには理解できない様子 (笑)。It takes (someone) (time) to … の形は頻出。(例) It took me 2 hours to finish the homework. (宿題を終わらせるのに2時間かかった。) アメリカの高校は通常4年間。

15. What exactly are you trying to accomplish here? は“何を達成しようとしているんだい?”の意。exactly を入れることで、明確な達成目標を聞いている。

16. Can I ask you a favor? は“(ちょっと) 頼んでもいい?”の意。Can (Could) you do me a favor? と聞くこともできる。どちらの表現も日常会話ではよく使われる。

17. We have a combined IQ of 360. は“僕らのIQは合わせて360だぞ”の意。

18. What do you think their combined IQ is? は“あの子たちのIQは合わせていくつだと思う?”の意。この場合、think のあとは主語、述語の順番になる。同じ形の文として、Where do you think you are going? などがある。

19. Dinner is on me. は“夕食は私のおごり”の意。レストランなどで別々に料金を払いたいときは separate を使う。(例) Can we pay (the bill) separately? 英語圏では、会計の時によくtogether or separate? と聞かれる。

20. You’re not done with her, are you? は“まだ終わりじゃないんだろ (彼女のことまだあきらめてないんだろ)?”の意。

ビッグバンセオリー第2話の解説

1. Swell upは“異常なほど膨らむ”の意。ハワードはピーナッツアレルギー (Howard is allergic to peanuts.)。allergic to ~ で“~アレルギー”と表現できる。

2. Ask him for a napkin, I dare you. は“ナプキンのこと聞いてみろよ (聞けるものなら)”の意。シェルドンにナプキンのことを聞けば、フォークの時のようなシェルドンお得意のしゃべりが始まってしまう (笑)。

3. I’ll get it. は“私がでるわ”の意。この表現は“電話にでる”もしくは“インターホン”にでるときに使える。

4. carbohydrate は“炭水化物”の意。carbon (炭素)、hydrate (水化物) から連想すると意味がわかりやすい。

5. pathology は“病理学”の意。日常会話で使うことはほとんどないが一応。

6. a feat of strengthは“力業”の意。

7. challenge acceptedは“挑戦に応じてやろう”の意。

8. We’re locked out. は“締め出された”の意。

9. Archimedes ― アルキメデス 日本語と英語では、人名の発音が全然違うことがある。たとえば、Caesar (シーザー) ― カエサル。逆に、人名の発音がほとんど同じ場合もある。Einstein (アインスタイン)、アインシュタイン

10. fulcrum は“支点”の意。ちなみに、てこの原理は英語でleverageという。パイレーツオブカリビアン・呪われた海賊たちで、ジャックがleverageと言うシーンがある。

11. Do you have any ideas? は“何か考え (アイデア) はない。”の意。よいアイデアがあるときは、I have a good idea. と表現する。I’ve got a good idea. という場合もある。

12. What’s your formula for the corner? は“角に対する公式は?”の意。formula は公式のこと。

13. chaos は“混沌、混乱、カオス”の意。発音が“カオス”ではない点に注意。

14. immaculate は“よごれていない、シミひとつない”の意。シェルドンは極度の潔癖症。

15. Are you insane? は“正気か、気でも狂ったか。”の意。映画やドラマで頻出の表現。同じような表現として、Are you out of your mind? や Are you crazy? がある。

16. You can’t just break into a woman’s apartment in the middle of the night and clean.は“真夜中に女性の部屋に侵入して掃除なんてしちゃだめだよ”の意。in the middle of ~ はよく聞く表現。I’m in the middle of something. とすれば、“ちょっと取り込み中。”と表現できる。

17. If you have time to lean, you have time to clean. は“もたれかかる時間があるなら掃除できるだろ”の意。lean と clean は韻 (rhyme) を踏んでいる。

time to 動詞の原形の形は日常会話でよく使用される。(例) time to go home (家に帰る時間)、time to go to bed (寝る時間)

18. sarcasmは“悪意のある皮肉”のこと。

19. You don’t think that crosses a line? は“それはやりすぎだと思わない?”の意。ここでの line は越えてはいけない線のことを指している。

20. Do I have to hold up a sarcasm-sign every time I open my mouth? は“僕が口を開くたびに皮肉 (sarcasm) と書いた印(紙)を掲げないとダメなのか?”の意。シェルドンは皮肉がわからない (笑)。

21. Do you understand how creepy this is? は“これがどれだけ気持ち悪いことかわかる。”の意。この場合、how のあとは主語・述語の順番になる。

22. validは“妥当な、確かな”の意。valid を用いた例文として、Traveling without a valid ticket will charge you a penalty fare. (有効なチケットなしで搭乗すると、罰金をとられるよ。) がある。valid の対義語はinvalid。

23. That’s another way to go.は“それもあるね。”の意。単にWay to go! だけのときは、“その意気だよ。”の意味になる。

24. I did what I could.は“できることはやった”の意。似た表現として、I did the best I could. (ベストはつくした) がある。

ビッグバンセオリー第3話の解説

1. This is what the last 97 hours have been about. は“これまでの97時間はこのためだぞ”のような意味。レナードたちはこのために97時間もゲームをやってきた (笑)。

2. You betrayed us for money. は“お金のためにぼくらを裏切ったのか”の意。

3. Don’t forget the mail you took accidentally on purpose so you’d have an excuse to talk to her. は“偶然を装って故意にとったペニーの郵便物を忘れるなよ。彼女に話かけるための口実としてとったんだろう”の意。レナードはおそらく常習犯 (笑)。

on purpose で“故意に”の意味。excuse は“言い訳や口実”の意味。No excuses. とすれば、“言い訳なし”の意味になる。

4. Shall I count down from three? は“3つ数えようか”の意。

5. I think it needs to be spontaneous. は“自然でないと”の意。spontaneous は“自然、自然発生的に”の意味。

6. This is obviously about Penny. は“明らかにペニーのことでしょ”の意。obviously は“明らかに”の意味。

7. You did not ask her out. は“デートに誘ってないだろ”の意。デートの誘いを断られたわけでもないのに諦めるな、といった趣旨の発言。

go out with (someone) (デートする) という表現もある。(例)Will you go out with me? (僕/私とデートしない。)ほかに、hang out (遊びに行く) という表現もよく使われる。(例)Let’s hang out this Friday. (今週の金曜日、遊びに行こうよ。)

8. Can you tell I’m perspiring a little? は“僕が汗かいてるのわかる”の意。

perspire は“汗をかく”の意味。同じ意味の単語として sweat があるが、sweat は本来人間以外の動物に対して使う。ただし、ほとんどの英語話者は人に対しても sweat を使っている。

9. colonoscopy は“結腸内視鏡検査”の意味。

10. chafing は“擦傷、摩擦”の意味。chafe という動詞には、“摩擦で痛む、すり切れる”といった意味がある。似た意味の単語として、scratch や graze がある。(例)I just grazed my knee. (膝をすりむいた。)

11. Actually, it’s centripetal force, which is an inward force generated by the glass acting on the olive. は“実は、これは求心力 (向心力) だよ。ガラスコップが生み出す内向きの力がオリーブに働いているんだ。”の意。遠心力は centrifugal force という。

12. Did you spill ketchup? は“ケチャップこぼしたの”の意。ちなみに、マヨネーズは mayonnaise。

13. You did throw up. は “もどしたでしょ”の意。throw up とほぼ同じ意味の単語として、ほかに vomit や puke がある。日常会話では、throw up が一番よく使用される。この文における did は 動詞を強調している。

14. Was this supposed to be a date? は“デートのはずだった”の意。be supposed toで“~はず”という意味。You’re not supposed to be here. とすれば、“君はここにいるはずじゃないだろ。”の意味になる。

15. concussion は“激しい振動、脳震盪 (のうしんとう)”の意味。工学系の学問における振動は英語で vibration という。

17. awesome は“最高”の意。(例) The final match of the World Cup was awesome. (ワールドカップの決勝戦は最高だったね。)ちなみに、ネイティブの感覚からすると、I’m awesome. (俺って最高。) はかなりナルシストに聞こえるしい。

ビッグバンセオリー第4話の解説

1. It occurs to me (that) if I ever did perfect a time machine, I would just go into the past and give it to myself. は“もしタイムマシーンを完成させたら、過去に行って(過去の)自分にわたすよ”の意。If I did… , I would… は仮定法の文。仮定法の文では、現在のことは過去形、過去のことは過去完了形になる。

give (something) to (someone)、give (someone) (something) 、誰々に何々をあげる (わたす) は日常会話でよく使用される表現。

2. You know what’s interesting about caves? – Nothing. は“洞窟の興味深いことって何かわかる? ― 何もないこと”の意。

3. consonant は“子音”の意味。ちなみに、母音は vowel。vowelを用いた文章の例として、Japanese has only 5 vowels. (日本語には母音が5つしかない。) が考えられる。

4. A more plausible explanation is that his work in robotics has made an amazing leap forward. は、“もっと説得力のある説明は、彼のロボット工学における働き(頑張り)が素晴らしい躍進をうんだ、だね。”の意。

5. I can’t believe he fired me. は“僕をクビにしたなんて信じられないよ”の意。この場合の fire は“解雇する”の意。

6. experiment は“実験”の意味。理論はtheory。定理はtheorem。

7. yummy は”おいしい”の意味。子供がよく使う言葉。

8. savor は”味、香り、風味”の意味。 flavor も“味”という意味の単語。バニラ味は vanilla flavor という。

9. This would be one of those circumstances that people unfamiliar with the law of large numbers would call a coincidence. は“この状況は、大数の法則をよく知らない人が俗に言う偶然というやつだね”の意。

call (A) (B) でAをBと呼ぶの意味。この文章でAにあたる部分は one of those circumstances 、Bにあたる部分は a coincidence (偶然) である。call (A) (B)の用法として、Call me Kate. (ケイトって呼んで。) などがある。

大数の法則のよい例として、コイントスで表 (もしくは裏) が出る確率があげられる。コイントスを2回行った際、2回連続で表または裏が出ることがあり、表が出る確率は必ずしも1/2とはならない。しかし、これはコイントスの回数が少ないときにだけ発生する現象であり、回数が増えれば増えるほど表が出る確率は1/2に収束する。シェルドンは長い目でみれば、こういうことは必ず起こると言いたかった (ペニーにはまったく伝わっていない 笑)。ちなみに、“表か裏か”を英語でいうと Heads or tales? となる。

10. suffice は”満足させる、十分である”の意味。数学の必要条件十分条件は英語でそれぞれ necessary conditionsufficient condition という。

11. You’re not leaving yourself enough space between cars. を意訳すると、“車間距離が十分じゃないよ”となる。

12. I mean what you find enjoyable. は“あなたが楽しいと感じている (思っている) こと”の意。find (O) (C) で“O を C だと感じる”の意。ここでは what が (O) の部分にあたり、 find の前に出ている。mean は形容詞として使われると“いじわる”の意味になる。(例) He’s mean. (彼はいじわるだよ。)

13. It’s gonna take me a while to recover from all the fun I had today. は“今日楽しんだことから回復するのに少し時間がかかるわ。”の意。この発言はちょっとした嫌味 (笑)

It takes (someone) (time) to <verb>… の形は頻出。(例) It took me 2 hours to finish the homework. (宿題を終わらせるのに2時間かかったよ。)

14. Thanks for coming on such short notice. は”急な連絡にもかかわらず、来てもらってありがとうございます”の意。on short notice で“急な連絡 (にもかかわらず)”の意味。

15. He’s stubborn. は“彼は頑固”の意。

16. We’re singles. は“独り身ですよ”の意。つまり、レナードはペニーと付き合っていないと言っている。付き合っている場合は、We’re a couple. か We’re dating. と言えばよい。

17. spook は”びっくりさせる”の意味。

18. It’s ok to be smarter than everybody, but you can’t go around pointing it out. は“他の誰よりも賢くていいけど、それを指摘して回っちゃダメ”の意。

ビッグバンセオリー第5話の解説

1. You can’t make the assumption that I’ll like hamburgers here. は“僕がここのハンバーガーを好きになるっていう憶測は立てられないよ”の意。シェルドンの発言はいちいち小難しい (笑)

the+noun+that+文の形。名詞の内容をthat以下の文章で修飾することができる。the fact that … とすれば、“~という事実”と表現できる。

2. Make it two. は“2つで”の意。同じものをもう1つ頼みたいときに使える表現。Make it three. とすれば、”3つで”の意味になる。

3. This is a disturbing aberration. と言うことで、いつもと違う場所でご飯を食べていることを難しく表現している。disturb… 邪魔をする。(例) Don’t disturb me. I’m studying. (邪魔しないで。勉強してるの。)aberration … 正道をはずれること、脱線行為

4. I’m actually not that into music. は“実はそんなに音楽に夢中じゃないんだ”の意。

ここでの that は“そんなに”の意味で使われている。I’m not that interested, とすれば、“そんなに興味ない。”の意味になる。am/is into (someone/something) で“何々に夢中”の意味。I’m into you. とすれば、“君に夢中”といった意味になる。

5. Was that supposed to be a secret? は“(それって) 秘密のはずだった?”の意。be supposed to ~ (~のはず) はよく使われる表現。You’re not supposed to be here. とすれば、“君はここにいるはずじゃないだろ。”の意味になる。

6. I’m seducing you. は”口説いている”の意。ほかにも、ask (someone) out (デートに誘う) という表現ある。(例) Why don’t you ask her out? You two will make a cute couple.

7. Semiotics… the study of signs and symbols (日本語では、記号論と呼ばれている。)

8. What’s the matter? は“どうしたの?”の意。日常会話でよく聞く表現。相手の様子をうかがいたいときに使える。

似た表現として、What’s wrong? がある。ただし、What’s wrong with you? は怒っているように聞こえるので、使う際は注意されたい。

9. Who told you (that) you could touch my board? は“誰が僕のボードに触っていいと言った?”の意。ここでは told の時制に合わせて、 could が使われている。(時制を合わせる例) I thought you were not coming. (来ないと思ってたよ。)

10. What exactly do you think is going between us? と言うことで、レズリーはレナードとの関係をはっきりさせようとしている。その後、レナードは撃沈 (笑)。

11. A little bird told us. は“風のうわさで聞いた”のような意味。a little bird が誰であるかは明白 (シェルドンのこと)。

ビッグバンセオリー第6話の解説

1. We really suck at paintball. は“ぼくたちペイントボールゲームとても下手だね”の意。

ペイントボールゲームは、着色弾を使用したサバイバルゲームのこと。suck at ~ で“~が下手”の意味。 suck は友達同士の会話でよく使用される英語表現。(例) I suck at singing. (歌うたうの下手やねん。) Your English sucks. (お前の英語クソやな。)

2. I wanna talk about the face that Wolowitz shot me in the back. を少し意訳すると、“ハワードがぼくを背後から打ったことについて話したい”となる。

wanna は want to の省略形。日本の学校では習わないが、日常会話ではよく使用される。この文章では、the+noun+that+文の形が使われている。名詞の内容をthat以下の文章で修飾することができる。the fact that … とすれば、“~という事実”と表現できる。

3. a bunch of friends は“たくさんの友達”の意味。たくさんという意味の英語表現として、ほかに tons ofplenty of がある。もちろん a lot of や many を用いても問題はない。(例) tons of money, plenty of time

4. theme は“テーマ”の意味。theme song とすれば、“主題歌”の意味になる。

5. This is why I wanted to have a costume meeting. は“これだからコスチュームに関するミーティングをしておきたかったんだ”の意。meeting は ミーティングのこと。

6. I need you not to embarrass me tonight. は“今夜は恥をかかせないでくれ”の意。to (動詞の原形) を否定したいときは、基本的に to の前に not を入れる。

7. It’s the apparent change in the frequency of a wave caused by relative motion between the source of the wave and the observer. は“波の発生源と観察者の相対的な運動によって生じる周波数の変化のことだよ。”の意。ドップラー効果の説明をしている。

ドップラー効果の例:救急車がサイレンを鳴らして近づいてくるとき、音がだんだん高くなっているように聞こえる。救急車が遠ざかると、音が低くなっているように聞こえる。

8. What is your move? は“どうするんだい?”の意。move は名詞としても使われる。ちなみに、将棋や囲碁の一手はa move。アニメ・遊戯王では、自分のターンの終わりに Now make you move. (さあ、お前の番だぜ) と言うのがお決まり。

9. I have such difficulty speaking to women. は“女性に話しかけるのが苦手なんだ”といった意味。have difficulty ~ing の形は頻出。

10. I hardly think so. は“そうは思えないけどね”の意。

11. You have a backup hypothesis? は“予備の(補助的な)仮定はあるのかい?”の意。hypothesis は”仮定、仮説”の意味。backup はバックアップのこと。動詞としても使える。

12. Given the reaction to my costume, this party is a scathing indictment of the American education system. は“ぼくのコスチュームに対する反応を考慮すると、このパーティーはアメリカの教育システムのレベルの低さを痛烈に露呈しているね”の意。

みんながドップラー効果を知らないことにご立腹のシェルドン (笑)。indictmentには“起訴、告発、悪いことを示すもの”といった意味がある。

ビッグバンセオリー第7話の解説

1. Can I hide out here for a while? は“ここでしばらくの間隠れてていい?”の意。

for a while で“しばらくの間”の意味。hide out はネイティブらしい表現 (hide out = stay somewhere where you cannot be found)。ちなみに、“かくれんぼ”は英語で hide-and-seek と言う。

2. good grief は“こりゃ驚いた”の意味。

3. The only way we can play at this point is if we cut Raj in half. を少し意訳すると、“ラージを半分にでもしない限り、ゲームできないよ”となる。the only way we can play at this point (現時点でぼくらがゲームをできる方法) までがこの文章の主語。at this point は“この時点で”の意味。

4. Do you mind if I stay here tonight? は“今夜、ここで寝てもいい?”の意。Do you mind…? と聞かれたとき、返答には注意されたい。Yes. → 気にする。No. → 気にしないよ。紛らわしい場合は、You can stay. (泊まっていいよ) のように、文章で返すとよい。

5. Where do I begin? は“どこから始めようか?”の意。Where do I start? と言う場合もある。ちなみに、“終わりの始まり”は英語で the beginning of the end という。

6. Your head goes on the other end. を意訳すると“頭は反対向きに”となる。

7. funeral はお葬式の意味。ちなみに、葬式などで使う“残念です”という表現は英語で I’m sorry. という。

8. Let me offer a little outside-box thinking here. は“ちょっと新しい考え(方)を見せよう”。の意味。ここでの outside-box thinking は“固定観念 (常識など) にとらわれない考え方”を意味する。Think outside the box. ということわざが有名。

9. Can’t you see she’s using you? は“利用されてるってわからないの”の意。

返答する際は注意。 Yes. → わかってるよ。No. → わかってないよ。(ほかの例) Aren’t you hungry? Yes. → お腹空いてる。No. → お腹空いてない。ややこしくてわからないという方は、I’m not hungry. などと文章で返すとよい。 そのほうが確実。

10. It’s like talking to a wall. は“まるで壁に話しかけているみたい”の意。

ビッグバンセオリー第8話の解説

1. It’s been in every wallet I’ve owned since I was 5 (years old). は“5歳の時からずっと財布に入れてきた”の意。every wallet I’ve owned で“これまで所有してきたすべての財布”の意味。

It’s been ~ since は現在完了の形。(例) My powers have doubled since the last time we met, Count.(最後に会った時から俺の力は2倍になっている。) スターウォーズ・エピソード3より

2. meddle は“おせっかいする”の意味。単に“じゃまをする”と表現したいときは、disturb を使えばよい。

3. Why are you telling me about my own culture? は“なんで君がぼくの国の文化のことを (ぼくに) 語っているんだ”の意。シェルドンは自分の知っていることを何でも口にしてしまう (笑)。

4. You seemed confused. は“困惑してたようだから”の意。seem (形容詞-adjective) の形。(例) seem excited, scared, easy, difficult…

5. Neither do I. は“ぼくも”の意。前文が否定文であるため、neither が使われている。肯定文の場合は、neither ではなく so が用いられる。また、do の部分は前文の動詞の形によって変わる。(例) I’m so hungry. So am I.ーI was joking. So was I.

6. I suggest you go through with it. は“行くべきだと思うよ”の意。suggest that (主語-subject) (動詞の原形-the base form of a verb) の形。 動詞 (ここではgo) の前に should が入ることもある。(例) I suggest you (should) finish your homework today. (今日中に宿題を終わらせたほうがいいんじゃない。)

7. Look on the bright side. は誰かを励ましたいときに使える英語表現。(例) It’s true that you lost your car, but look on the bright side. You still have your family.

8. She might turn out to be a nice, beautiful girl. は“ふたを開けてみたら、すてきな女性かもしれないよ”の意。turn out to be は“~とわかる、結果~となる”の意味。turn out that (文章) の形の時もある。(例) Remember I told you about my new girlfriend? It turned out that we were going to the same college.

9. Let’s see how long it takes him (to realize he’s talking to a woman). は“気づくのにどれくらいかかるか見てみよう”の意。how (形容詞-adjective) (文章-sentence) の語順。(例)I can’t imagine how difficult the exam will be.

see には見る以外の意味もある。 Are you seeing someone? (誰かと付き合ってない?) We’ll see about that. (それはどうかな。)

10. You are the one who ruined everything. は“君がすべてを台無しにした張本人だろ”の意。the one who… を使った文章はたくさんある。(例) You’re the one who did this. You’re the one who is responsible for this.

ビッグバンセオリーを用いた英語学習に興味のある方へ。

ぼくの英語力の軌跡に興味のある方へ。

-英語学習

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.