英語学習

英語学習を習慣化させるために [習慣化の重要性と実践方法を解説]

更新日:

英語学習が続かない。なんでだろう?
英語学習を習慣化させる方法ってないの?
そもそも英語って毎日勉強しないとダメなの?

といった疑問を解消してきます。

英語学習の習慣化は大事

まず初めに、

英語は使わないと伸びません。

英語は毎日インプット・アウトプットしてなんぼの世界です。

たとえば、ぼくは2012年から本格的に英語の勉強を始め、毎日3時間以上英語に触れてきました。毎日英語をインプット・アウトプットしてきたおかげで、今では海外の大学院で授業を受けられるようになりました。

ツイッターなどで見かける英語ができる人も、それ相応の努力をこれまでにしてきています。なにもしないで英語ができるようになるなんてことはありません

英語を習得するためには、毎日英語で何かを聞いて、読んで、書いて、話すしかないです。

その習慣化が本当に大事です。

英語学習が続かない理由

今勉強していることが全然楽しくない

英語学習というのは、“これなら楽しい。これなら無理なくできそう”と思えないとまず続きません。なので、

英語の勉強をする際は自分の好きなことから始めましょう。

たとえば、ドラマやアニメが好きなのであれば、それらをベースにして英語を勉強していけばよいです。市販の単語帳や参考書でガリ勉する必要はありません。

市販の単語帳や参考書で勉強するのが好きというのであれば、それはそれでよいと思います。

英語を楽しく学びたいという方へ

使っている教材が自分のレベルに合っていない

使っている教材が自分のレベルに合っていないと、英語学習はなかなか続きません。

たとえば、英語初心者の人がいきなり難しい洋書に手を出しても、すぐに挫折してしまうでしょう。むやみやたらに難しい教材に手を出す必要はないです。

正直な話、中学生レベルの英語が使いこなせるだけでも、英語は十分に話せるようになります。

なぜ英語を勉強しているのかわからない

”なんで英語を学んでいるのかわからない”という人は、まず英語を学ぶ目的について考えてみましょう。これについては、次の章で解説します。

英語学習の習慣化には英語を学ぶ目的が必要

英語の勉強を毎日続けるためには、英語を学ぶ目的が必要です。理由は簡単で、英語を学ぶ目的がしっかりと定まっていないと、やる気がもたないからです。

じゃあ、英語を学ぶ目的とはなんなのか。それは、

“自分が英語を使って何がしたいか”

です。英語を使って情報収集できるようになりたい、英語で外国人と話せるようになりたいといったものが英語を学ぶ目的にあたります (厳密には、英語を使って情報収集できるようになりたい→英語を使って情報収集できるようになること)。

ここで1つ注意してほしいことがあります。それは、

“TOEICooo点取得”を目的に英語を学ぶのはやめたほうがよい

ということです。なぜなら、点数を追い求める勉強は基本的に楽しくないからです。よほど強い意志がない限り、すぐに挫折してしまいます。TOEICooo点といった資格試験の点数は、あくまで到達目標とすべきであって、それ自体が英語を学ぶ目的になるべきではありません。

大事なのは、“英語を使って何がしたいか”です。英語を学ぶ目的がしっかりとしていれば、英語学習は続きやすいです。

英語学習を習慣化するための具体的な方法

なにかを習慣化するには、場所や時間といった特定のトリガーがあるとよいです。たとえば、“通勤中は洋書を読む”といったものがそれにあたります。

また、楽しく英語を学べると、英語学習の習慣化につながりやすいです。

さてここからは、英語学習を習慣化するための具体的な方法を紹介していきます。

興味のあることから始める

本が好きなら、洋書を読んでみましょう。

洋書と言っても、大人向けのむずかしいものにいきなり手を出す必要はありません。幼児向けの絵本から始めて、徐々にレベルを上げていけば大丈夫です。

海外ドラマに興味があるなら、それを活用して英語を学んでみましょう。

海外ドラマは英語表現の宝庫ですから、それを学んで損になることはないです。海外ドラマで英語を学んでみたいという方は、英語学習に海外ドラマを取り入れよう [おすすめの海外ドラマを紹介]をご覧ください。

YouTube動画やスマホのアプリでも英語の勉強はできます。

詳しくは、英語の勉強を無料でしたいならYouTubeとアプリを使いまくろうをご覧ください。

大事なのは、“これなら楽しい。これなら続けられそう”と思えることです。興味のあることから始めていけば、英語学習は自然と習慣化していくはずです。

もちろん、英語を学ぶ過程で多少の負荷が必要なこともありますが、やりたくないことを無理にやる必要はありません。

時間を有効的に使う

通学時間や通勤時間を英語学習にあてるのがおすすめです。

たとえば、通学にかかる時間を1日1時間とすると、1年で240時間 (1 [h/day] *5 [day/week] *4 [week/month] *12[month]) ほどになります。なので、通学時間を英語学習にうまくあてられれば、たくさんの学習時間が見込めます。

まずは、

電車の中で英語に触れるところから始めてみましょう。

そして、それを習慣化しましょう。

ちなみに、ぼくはフルハウスというドラマを電車の中で見るようにしていました。電車が混んでいて動画を見るのがむずかしかった時も、音声だけは聞いていました。

ほかに、寝る前の時間を活用するのもおすすめです。寝る前にスマホをいじるのではなく、その日新しく学んだことなどを思い返すようにしましょう。このようなちょっとしたことでも、1年後、2年後に成果として表れてきます

ぼくの英語力の軌跡に興味のある方へ

ぼくがおすすめする英語学習法

-英語学習

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.