インタビュー・対話

ドイツにおける博士号、博士課程について

更新日:

今回の投稿では、

ドイツにおける博士号の扱いってどんな感じなの?

ドイツの大学の博士課程ってどんな感じなの?

といった疑問を解消すべく、やまと堺さんが対話をしながら2人の知識・経験を共有していきます。

ー簡単な自己紹介ー

堺さん(堺良幸)
カールスルーエ工科大学で博士号を取得。
現在はミュンヘン工科大学の研究者(ポスドク)。
専門は数値流体力学(CFD)。
やま(山本勇一)
関西大学を卒業後、ミュンヘン工科大学の大学院へ。
大学4年生を休学して、シアトルに1年間留学。
学部時代の専攻は機械工学。修士課程では計算力学。

この記事でわかること〇 ドイツにおける博士号の扱い

 

〇 ドイツの大学の博士課程について

 

〇 日本とドイツの比較

ドイツにおける博士号の扱い

やま

ドイツでは、博士>修士>学士という序列が強いですよね。社会的な博士の認知度が高いので、博士号を取得してマイナスに働くことはほとんどないように思います。それもあってか、ぼくの周りの学生は博士号取得に対して前向きです。

一方、日本で学歴と言えば、基本的にどこの大学を出たかになりますよね。一般の人からすると、「博士号を持っています」よりも「東大出身です」のほうが“おー”となるんじゃないでしょうか。

堺さんはドイツにおける博士号の扱いについてどう思われますか。

堺さん

そうだね。ドイツでは博士の社会的な認知度が高いし、それなりに敬意を払われているなと感じる。ドイツの大学間には序列みたいなものがあまりないから、どこの大学で取ったに関わらず、学位には一定の敬意が払われている様に感じるね。大企業の管理職になると博士号を持ってる人も多いけど、日本みたいな学閥意識はそんなにないと思う。

自分の名前に Dr. (博士) がつくと、良い意味でも悪い意味でも扱いが変わったりするよ。たとえば、ドイツの墓地には Dr. 〇〇 (〇〇博士) と掘られた墓標がある。そういうのを見ると、ドイツ人って学歴好きだなって思う。日本だと、〇〇博士って掘られた墓標はまず見ないよね(笑)。

少し話はそれるけど、ドイツ人の権威、学歴好きを象徴するような話がもう一つある。実は、一世代前までは教授の奥さんも「教授」と呼ばれてたみたい(また墓標にもそう彫られてる)。今の時代の感覚だと問題になるけど、当時は普通の事だと受け入れられてたみたいだね。

ドイツの大学の博士課程について

やま

ドイツの大学の博士課程では、給料が出ますよね。卒業後にくいっぱぐれることもあまりないと聞きます (研究分野にもよりますが)。なので、ドイツの学生は博士課程に進みやすいのではないでしょうか。

(ドイツの博士課程では、日本のそれと同じように研究をして博士論文を書きます。給料は月2000€いかないくらいが一般的です。契約内容によって、給料や業務内容が変わります。また、人によっては博士号をとるまでに6年かかったりします。また、契約を結ばないで博士課程に所属することもできます。)

堺さん

そうだね。ぼくは給料をもらいながら、Ph.D生をやっていた。契約内容にもよるけど、ぼくの場合は研究をしっかりやっていればOKって感じだったね。

それから、企業と契約を結んで博士論文を書くこともできる。その場合は、研究しながらその会社に自分を売り込めるよ。でも企業秘密が関わったりするから、学会で発表できる内容に制限がかかる。そのへんは一長一短だね。

それに対して、日本の大学の博士課程では給料はもらえないことがほとんどだね。日本学術振興会からお金 (月20万円) をもらうこともできるけど、社会保障費とかはそこから払わないとだめだよね。しかも、みんながみんなそうやってお金をもらえるわけじゃないし。

やま

なるほど。

ぼくの中ではドイツの学生は博士号取得に前向きなのに対し、日本の学生は博士課程を敬遠している印象があります。ここにそれを裏付ける資料 ((出典)文部科学省 科学技術・学術政策研究所、科学技術指標2016、調査資料-251、2016年8月) があるので、少し見てみましょう。

人口100万人あたりの学士号取得者数と博士号取得者数のデータです (その年における取得者数)。

日本における学士号取得者数は2008年、2016年ともに4000人超えです。一方、ドイツにおける学士号取得者数は2008年が約1500人、2013年が3000人弱となっています。比較年度が違うので一概には言えませんが、学士号取得者数の割合は日本のほうが高い傾向にあります

日本における博士号取得者数は2008年、2013年ともに100人を少し上回るほどです。一方、ドイツにおける博士号取得者数は2008年、2013年ともに300人を超えています。統計年度が少し古いですが、博士号取得者の割合はドイツのほうが高い傾向にあります

2つの統計から、ドイツの学生が博士号取得に比較的前向きなのに対し、日本の学生は博士課程を敬遠していることが推測できますね。

堺さん

そうだね。日本の学生 (とくに人文・社会科学系の学生) は学士号を取得した後、すぐに就職するんだろうね。理系の学生なら修士まで進むことが多いけど、博士課程はやっぱり敬遠されているんじゃないかな。

結局のところ、ドイツでは博士課程に進学して博士号を取得するメリットがあるけど、日本ではそれがほとんどないってところに帰着するよね (とくに社会的な地位とか)。

堺さんの詳しい経歴に興味のある方へ。

-インタビュー・対話
-,

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.