お金に関するおすすめの本13冊 [マネーリテラシーを身につけよう]

Money_book

今回の投稿では、お金に関するを13冊紹介します。

お金の基礎・基本が学べる本や仮想通貨に関する本など、どれも読んで損なしです。この機会にマネーリテラシーを身につけましょう。

お金の基礎・基本が学べる本

お金の教養

ファイナンシャルアカデミー代表の泉正人さんによる、お金の入門書です。ちなみに、泉さんは講演会などを通して、お金の貯め方や使い方といった、お金の教養を精力的に伝えていいます。

本書は、お金は汚いという幻想は取り除くや貯金の習慣化やお金のコントーロール能力は収入とは比例しないなど、お金に関する大切なことを教えてくれます。とくに、お金を使うときの注意点や資産運用の基本的な考えは知っておいて損はありません。

お金のことは日本の義務教育では習わないので、この本は読んでおきたいところです。

池上彰のお金の学校

みなさんお馴染みの池上さんによる、お金の本です。生活していくうえで必要なお金のしくみをわかりやすく解説しています。

具体的には、お金の歴史からはじめて、給料のシステムや税金、保険、ローンのことなどが解説されています。

お金の基礎・基本を学ぶにはもってこいの一冊です。

知っておきたいホントに大事なお金の話

ハーバードビジネススクール経営修士の佐伯良隆さんによる、お金の本です。佐伯さんは金融教育と英語教育に力を入れられています。

本書は、お金の概念から金利の話や資産運用の話までカバーしています。ちょっとした数式も使われており、本格的なお金の本となっています。

カイジ 命より重いお金の話

経済ジャーナリストの小暮さんが、マンガ・カイジの場面場面を絡めながらお金のしくみを解説した一冊です。

具体的内容は、多くの人が給料が足りないと嘆くのはなぜなのか、私たちはどうしてお金を守る必要があるのか、正しくお金と付き合うためにはなどです。

本のところどころでマンガのページが引用されているため、実際の例がすごくイメージしやすいです。カイジを知らない人でも、あっという間に読めてしまうでしょう。

難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください

証券会社や金融など12社で働いた経験を持つ山崎さんによる、投資の入門書です。2015年に発行されて、またたく間にベストセラーとなりました。

投資の基本はもちろん、それと関連すること(貯金、保険、年金)も解説されています。

本文は対話形式と非常に読みやすいうえに、難解な数式なども出てきません。投資の知識が一切ない人でもスラスラと読めると思います。

ゼロからわかる金融入門

ファイナンシャルプランナーの伊藤亮太さんによる、金融の入門書です。

マクロな視点での株や債券、銀行 (日銀含む) と省庁の役割などについて学べます。図をたくさん用いて説明しているため、理解しやすいです。本のタイトル通り、金融に関して初心者の人におすすめの本です。

お金持ちになりたい人におすすめの本

幸せな小金持ちへの8つのステップ

お金と人生知恵本でベストセラーを連発している、本田健さんが書いた本です。

本書はタイトルにある通り、幸せな小金持ちになるための方法を解説しています。具体的な内容は、あなたが「お金に縁のない人生」を送る理由、「幸せな小金持ち」という生き方、メカニズム、日常的にできることなどです。

お金についていろいろと考えさせられます

となりの億万長者

アメリカの富裕層の研究をしている学者たちが、1万人以上の億万長者にインタビューやアンケートをして、その傾向をまとめた本です。

本の内容は主に、億万長者へのインタビューと統計による議論となっています。本書を読むことで、アメリカの億万長者の素顔がのぞけるはずです。

金持ち父さん貧乏父さん

著者は日系アメリカ人のロバート・キヨサキさんです。ロバートさんの資産は推定$8000万 (90億円弱) と言われています。

本書は多くの経営者やビジネスマンからの評価も高く、全世界で51カ国語に翻訳されるほど人気です。

本の内容は、著者であるロバートさんが金持ち父さん (実在したかは不明) と貧乏父さん (本当のお父さん) からそれぞれの教えを受け、最後は金持ち父さんの教えを聞き、金持ちになるというものです。

本書は、金持ちはお金のためには働かないやローンで買った持ち家は資産ではないなど、お金に関する大切な教訓を教えてくれます

あなたの人生を変えるお金の教養

個人資産家である加谷さんが書いた、お金の教養に関する本です。

本の具体的な内容は、お金を生み出す資産に手をつけてはいけない、ムダな人脈はムダな支出を増やす、稼いだお金を消費することは借金することと同じ、嫌いでも苦手でもいいから数字には強くなれなどです。

仮想通貨に関する本

今さら聞けないビットコインとブロックチェーン

ビットコイン決済サービスを運営している人による、ビットコインの入門書です。

仮想通貨初心者に向けて、ビットコイン、ブロックチェーン、フィンテックを順番に紹介しています。

数学理論の説明は多くなく、どちらかというと概念をわかりやすく解説している感じです。

仮想通貨のしくみ

資産運用の専門家による、仮想通貨の入門書です。

仮想通貨のしくみや歴史を体系的に解説した本となっています。仮想通貨と電子マネーの違いや仮想通貨の裏側など、ためになる情報がたくさんあります。

この一冊で仮想通貨の基本がしっかりとおさえられるでしょう

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

株式会社メタップスの代表取締役が仮想通貨やキャッシュレスという単語を中心に、社会の変化について考察した本です。

本の具体的な内容は、お金とは何か、テクノロジーが変えるお金のカタチ、価値主義とは何か、お金から解放される生き方、加速する人類の進化です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です