自分らしく生きるとは

このページに書いてあること〇 ぼくが思う”自分らしく生きること”の定義

 

〇 自分らしく生きることがなぜ重要なのか
 

〇 自分らしく生きるにはどうしたらよいのか

自分らしく生きるとは

“自分らしく生きる”とはなんでしょうか。

私は“自分らしく生きる”ことは、自分という人間 (自分の価値観や自分のやりたいこと) を把握し、自分に合った人生を歩んでいくことだと思っています。世間では、“有名大学に入って、大企業に就職するもしくは公務員になるのがベスト”などとよく言われますが、その生き方が日本人全員にとってよいとは限りません。

人間の価値観は人によって様々ですから、人の生き方も千差万別であってよいはずです。(YouTuber の人がいてもよいですし、田舎で自給自足の生活を送る人がいてもよいと思うのです。) しかしながら、日本の義務教育では、自分に合った人生を選ぶということはあまり教わりません。それよりも、他人と同じように行動すること、テストで高い点数をとることのほうが重要視されます。また、高校受験や大学受験で評価されるのは入学試験の出来であり、学生の人柄などは基本的に考慮されません。

こんな状況では、多くの学生が自分に合った人生を選択する前に仕事を始めることになります。実際、“自分らしく生きている”と胸を張って言える日本人がいったいどれほどいるのでしょうか。

なぜ自分らしく生きることが必要なのか

まず我々は、一昔前の日本と今の日本では状況がまったく違うということを理解しなければなりません。一昔前の日本 (高度経済成長期の日本) では、年齢に見合った給料と地位、生涯雇用が保証されていました。周りがすすめた通りの生き方をしていれば、それなりによい人生を送れたのです。(自分の仕事が自分のやりたいことと一致していなかったとしても)

しかし、今の日本の状況は違います。日本の経済成長は完全に止まり、昔ほど経営がうまくいっている会社はそう多くありません。大規模なリストラをする会社も出てきました。(シャープや東芝、大手銀行のリストラが有名)定年退職後に年金をもらえるかさえ怪しいところです。それだけでなく、グローバル化の影響で日本と他の国の壁は年々なくなってきています。将来の友人や仕事の同僚が外国人ということも十分にありえます。その気になれば、海外で働くことも可能です。

要は、我々を取り巻く世界がどんどん変化しているということです。この状況下で、一昔前によいとされた生き方をしていたのでは、自分の身を滅ぼしかねません。これからは、個人個人が自分の頭で考え、自分に合った人生を選択していくべきなのです。それを怠れば、20年後、30年後に必ず後悔することになります。我々はそういった時代を生きているのです。

自分らしく生きていくために私が実践していること

ここでは、自分らしく生きるために私が実践していることを紹介します。(ここで紹介していることがすべてではありません。大事なのは自分の頭で考えることです。)

海外を訪れ、日本とは違う文化・慣習に触れる。多種多様な人と交流する。(日本という国を外から見ることで、日本の良いところ、悪いところが浮き彫りになる。それまでの自分の常識や価値観が覆されることもよくある。)

本をたくさん読み、物事 (お金、歴史、宗教、政治など) の基礎知識を身につける。他人の意見や考え方に触れる。(今は必要ないと思うことでも、いつかどこかで役に立つことがある。)

①、②の経験を通して、自分がどう感じたのかを考察する。自分の意見や考えを整理する。(自分の頭で考えるということを怠らない。)

多くのことを経験すれば、自分の価値観が自然と確立されていきます。その過程で、自分のやりたいこともおのずと見つかります。自分のやりたいことが見つかれば、それに合った人生を選んでくことができます。

ブログの内容

このブログでは、私の経験をできる限り共有しています。このブログから何かのキッカケを掴んでいただければ幸いです。

海外体験記

海外留学や海外旅行の経験をまとめたページです。アメリカ留学やドイツ留学に関することなど、ためになる情報がたくさんあります。

英語を楽しく学ぼう

英語を楽しく学ぶ方法を掲載しています。中学校、高校での英語の授業が楽しくなかったという方はぜひご覧ください。

おすすめ本

私が今まで読んだ本の中から特におすすめのものを紹介しています。どの本も読んで損なしです。

更新日:

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.