留学

ドイツの大学院(修士課程)に進学するまで!!

更新日:

今回の投稿では、ドイツの大学院(修士課程)に進学するまでの道のりを詳しく解説していきます。

この記事でわかること〇 ドイツの大学院に進学するまでの日程

 

〇 ドイツの大学院受験・進学に必要な書類

 

〇 私のドイツ大学院受験結果

ドイツの大学院(修士課程)の特徴

ドイツの公立大学は授業料が無償

ドイツの公立大学は授業料が無償です。修士課程も例外ではありません。social feeを払わなければなりませんが、そこまで高くないです。たとえば、ミュンヘンにある大学の social fee は半年で130€ほどです。大学側に払うお金はそれ以外にありません。

英語で開講される修士のプログラムがある

ドイツの大学の修士課程には、英語で開講されるものがあります。そのため、ドイツ語がまったくできないという方でもなんとかなります。また、英語で開講されるプログラムには世界中の学生が集います。

もちろん、国際的な学習環境を求めるのであれば、アメリカやイギリスの大学も候補にあがります。しかし、授業料が高すぎて一般家庭にはとても手に負えません (手厚い奨学金をもらえれば話は別ですが)。ドイツの公立大学に行けば、国際的な環境で学べるうえに安上がりです。

DAAD (https://www.daad.de/en/) というサイト上でドイツの大学のプログラム (学士、修士、博士問わず) を調べることができます。また、DAADは奨学金に関する情報もたくさん載せています。ぜひ活用してください。

ドイツの大学院に合格するまでの道のり

日本とドイツの大学院受験は大きく違います。日本の大学院受験では筆記試験と面接を受けて合否が決まりますが、ドイツの大学院受験では書類選考 (+面接) が通例です。

受験に必要な書類は、大学院の応募サイト上にアップロードすることがほとんどです。コピーした書類を郵送する場合もあります。その際は、ドイツ大使館もしくは領事館でコピー認定が必要になります。

次に注意が必要なことは、たいていのプログラムが10月始まりということです (海外では秋入学/卒業が主流)。日本では大学卒業は3月ですから、ドイツの大学院に入学するまで半年ほど空白の期間が生まれてしまいます。また、合否の発表は大学を卒業してから1~2か月後(5月、6月あたり)に行われます。

一歩間違えると“ぷー太郎”です (笑)。私はそうならないように、日本の大学院に半年間通っていました 。もちろん、担当の教授の了承を得てのうえです。

ドイツの大学院に出願・入学するために必要な書類

ドイツ大学院の出願に必要な書類はおおむね以下の通りです。大学院のプログラムが英語で開講される場合、書類は英語でも大丈夫です。私の知る限りでは、ドイツの大学院出願にGREは必要はありません。応募する大学院によって必要な書類等が変わる場合があるので、そこは臨機応変に対応してください。

ドイツの大学院出願に必要な書類

履歴書 (Resume, CV)

日本の履歴書とは体裁がかなり異なるので注意。アピールしたいところは全て書く(インターンシップ経験、海外経験、奨学金需給予定など)。とくに、”投稿論文書きました”や”学会発表しました”といった経験はしっかりとアピールすること。

成績証明書 (Subject and grade transcript of studies)

大学4年間で取得した単位がすべて記載されているもの。全体のGPAが記載されているもの。

応募するプログラムによって、求められる成績は違うので注意。(私が応募した大学院の条件は、ドイツの成績評価システムで2.5以上。実際に足きりがあるかどうかは不明。) 参考までに、私の学部時代のGPAは日本の成績評価システムで2.8/4.0 ほどであった。

動機文 (Letter of motivation)

自分がそのプログラムを志望する理由を1~2ページにまとめたもの。大学院で学びたいこと、大学院で学んだことが卒業後の進路にどう生かされるかなど…

私は研究を頑張っていることをしっかりとアピールした。海外の大学からすると、学部4年生が研究するのはめずらしいよう。

推薦状 (Letter of recommendation)

担当の教授もしくは准教授 (1~2人) に書いてもらう。A4サイズで1~2ページほど。先生によっては、“自分で書いてこい。サインだけしてやる。”という人もいる (笑)。

語学能力証明書

プログラムがドイツ語の場合はドイツ語C1 (理系ならB2でよいところがあるかも)。

プログラムが英語の場合、 IELTSもしくはTOEFLにおいて規定以上の点数があればよい。ケンブリッジ検定が使えることもある。規定以上の点数がなくても、入学まで猶予が与えられることがある。

プログラムによって最低ラインが違うため、進学希望の大学のホームページを読むこと。ご存知の方も多いと思うが、TOEICではカバーできないことがほとんどなので注意。

合否は主に学部時代の成績動機文履歴書推薦状で決まります

GPAは変えようがないので、動機文に力を入れましょう。成績はよいほうが有利ですが、そこまでよくなくても合格することがあります。

語学能力証明書は参加資格のようなものです。高い語学能力があれば、それに越したことはありません。

ドイツの大学院入学に必要な書類 (応募書類に加えて)

卒業証明書 (Degree, Diploma)

当たり前のことだが、大学を卒業した証明書がないと入学できない。応募の段階で、卒業見込み証明書が求められることもある。

健康保険に加入していることがわかる証明書 (Evidence of student health insurance)

ドイツの大学(院)に入学するためには、健康保険に入らなければならない。私が入った健康保険はAOKというもの。AOKにメールを送ると、必要書類が電子ファイルで送られてくる。書類に記入して送り返せば、証明書を発行してくれる。ちなみに、ドイツでビザを発給する際にもこの証明書が必要

間違っても海外旅行保険には入らないこと。海外旅行保険は歯医者の治療費をカバーしていないため、大学側から却下される。あとから旅行保険が解約できないとなると、泣き寝入りするはめになる。そういった事例がよくインターネット上に挙げられている。

パスポート (Passport)

自分の写真が載っているページのコピーを求められることがある。パスポートの期限には注意するように。

学生証用の写真 (Passport style photo)

ドイツの大学院における合否判定について

一例として、ミュンヘン工科大学・計算力学コースの審査基準を紹介します。

一次審査:
書類のみで審査を行う。
100点満点中75点以上取れれば、その時点で入学が許可される。
64点以下であれば不合格。
二次審査:
一次審査で65~74点だった応募者と面接する。
書類と面接の出来で合否を判断。

大学によって審査基準は異なりますが、面接なしで合格できることもあります。詳しい審査基準に関しては、大学に直接メールを送って確認しましょう。倍率などを教えてくれることもあります。

私のドイツ大学院受験結果について

私はミュンヘン工科大学 (Technical University of Munich)、シュツットガルト大学 (Stuttgart University)、ルール大学 (Ruhr University Bochum)、ドルトムント工科大学 (Technical University of Dortmund) の計4つの大学院に応募しました。結果はシュツットガルト大学以外すべて合格 (面接はなし)。第一志望であったミュンヘン工科大学に入学を決めました。

最後に、正規留学と聞くとアメリカ、イギリス、オーストラリアがよく候補に挙げられますが、ドイツも捨てたものではありません。質の高い授業、国際的な環境、低コストを提供してくれるドイツの公立大学、ぜひ一度検討してみてください。

日本の大学と海外の大学の違いに興味がある方へ。

ぼくのミュンヘン工科大学での留学生活に興味のある方へ。

-留学

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.