ドイツの大学院に進学するまで [大学院留学を実現させるために]

get enrolled

今回の投稿では、ドイツ大学院(修士課程)に進学するまでの道のりを詳しく解説していきます。

ドイツの大学院(修士課程)の特徴

ドイツの州立大学は授業料が無償/格安

ドイツの州立大学は授業料が無償もしくは格安です。修士課程も例外ではありません。

授業料に加えて半年ごとにsocial feeを払わなければなりませんが、social feeはそこまで高くないです。

たとえば、ミュンヘンにある大学の social fee は半年で130€ほどです(2019年時点)。大学側に払うお金はそれ以外にありません。

英語で開講される修士のプログラムがある

ドイツの大学の修士課程には、英語で開講されるものがあります。そのため、ドイツ語がまったくできないという方でもなんとかなります。

また、英語で開講されるプログラムには世界中の学生が集う傾向があります。

国際的な学習環境を求めるのであれば、アメリカやイギリスの大学も候補にあがります。しかし、授業料が高すぎて一般家庭にはとても手に負えません (手厚い奨学金をもらえれば話は別ですが)。ドイツの州立大学の英語のプログラムであれば、国際的な環境で学べるうえに学費がほどんどかかりません。

DAADという団体が運営しているサイトで、ドイツの大学のプログラム (学士、修士、博士問わず) を調べることができます。DAADは奨学金に関する情報もたくさん載せていますので、ぜひ活用してください。

参考 DAAD

ドイツの大学院に進学するまでの道のり

todolist

日本とドイツの大学院受験は大きく違います

日本の大学院受験では筆記試験と面接を受けて合否が決まりますが、ドイツの大学院受験では書類選考 (+面接) が通例です。

受験に必要な書類は、大学院の応募サイト上にアップロードする場合が多いです。コピーした書類を郵送する場合もあります。その際は、ドイツ大使館もしくは領事館でコピー認定が必要になります。

次に注意が必要なことは、たいていのプログラムが10月始まりということです (海外では秋入学/卒業が主流)。

ここでは、10月始まりのプログラムに進学するまでの道のりを紹介します。

  • ~9月(出願の前年)
    留学準備開始
    遅くても、留学開始予定の1年前からは準備を始めましょう。

    まずは、DAADのサイトで修士課程のプログラムを探しましょう。興味のあるプログラムが見つかったら、各大学のホームページで出願条件を確認しましょう。それと並行して、留学費用の算出などもしておきましょう。

    海外留学奨学金(DAAD奨学金やJASSOの海外留学支援制度など)の応募期間は、たいてい9~10月です。

  • 1~3月
    ・ドイツの大学院出願
    年が明けたタイミングで、ドイツの大学院のオンライン応募が始まります。大学の成績証明書や語学能力証明書といった出願に必要な書類は、締め切りまでにしっかりと用意しておきましょう。

    プログラムによっては、出願が5月ということもあります。それから、大学院に出願したタイミングで学生寮に応募できることがあります。

  • 5~6月
    合否の発表
    出願から1~2ヶ月すると、合否のお知らせが届きます。大学によっては、合格のお知らせがメール+郵送で来ます。合格していれば、その後のステップなども送られてきます。

    出願した大学院に落ちた場合のことも、事前に考えておいてください。私は行き場所を失わないように、日本の大学院に半年間通っていました。もちろん、担当の教授の了承を得てのうえです。

  • 8~9月
    最終準備
    大学院の合格が決まり次第、留学の最終準備を始めましょう。ドイツでの住居のことやパスポートの有効期限、ビザのこと、保険制度のことはしっかりと把握しておきましょう。
  • 10月
    留学スタート
    待ちに待った留学が始まります。大学院留学を実りのあるものにするためにも、チャレンジできることにはどんどん手を出してきましょう。

ドイツの大学院に出願・入学するために必要な書類

signing_document

出願に必要な書類

〇履歴書 (Resume, CV)

日本の履歴書とは体裁がかなり異なるので注意。アピールしたいところは全て書く(インターンシップ経験、海外経験、奨学金需給予定など)。

とくに、”投稿論文書きました”や”学会発表しました”といった経験はしっかりとアピールすること。

Europassを使うと、簡単にCVが作れる。参考までに。

参考 CVEuropass

〇成績証明書 (Subject and grade transcript of studies)

大学4年間で取得した単位がすべて記載されているもの。全体のGPAが記載されているもの (応募する大学によっては、Uni Assistに書類を送るよう言われる)。

応募するプログラムによって、求められる成績は違うので注意。(私が応募した大学院の条件は、ドイツの成績評価システムで2.5以上。実際に足きりがあるかどうかは不明。)

参考までに、私の学部時代のGPAは日本の成績評価システムで2.8/4.0 ほどであった。

〇動機文 (Letter of motivation)

自分がそのプログラムを志望する理由を1~2ページにまとめたもの。大学院で学びたいこと、大学院で学んだことが卒業後の進路にどう生かされるかなど…

私は研究を頑張っていることをしっかりとアピールした。海外の大学からすると、学部4年生が研究するのはめずらしいよう。

〇推薦状 (Letter of recommendation)

担当の教授もしくは准教授 (1~2人) に書いてもらう。A4サイズで1~2ページほど。先生によっては、“自分で書いてこい。サインだけしてやる。”という人もいる (笑)。

〇語学能力証明書

プログラムがドイツ語の場合はドイツ語C1 (理系ならB2でよいところがあるかも)。

プログラムが英語の場合、 IELTSもしくはTOEFLにおいて規定以上の点数があればよい。ケンブリッジ検定が使えることもある。規定以上の点数がなくても、入学まで猶予が与えられることがある。

プログラムによって最低ラインが違うため、進学希望の大学のホームページをしっかりと読むこと。ご存知の方も多いと思うが、TOEICではカバーできないことがほとんど。

合否は主に学部時代の成績、動機文、履歴書、推薦状で決まります。

GPAは変えようがないので、動機文に力を入れましょう。成績はよいほうが有利ですが、そこまでよくなくても合格することがあります。

語学能力証明書は参加資格のようなものです。高い語学能力があれば、それに越したことはありません。

注意
応募する大学によって必要な書類等が変わる場合があるので、そこは臨機応変に対応してください。

入学に必要な書類 (応募書類に加えて)

〇卒業証明書 (Degree, Diploma)

当たり前のことだが、大学を卒業した証明書がないと入学できない。応募の段階で、卒業見込み証明書が求められることもある。

〇健康保険に加入していることがわかる証明書 (Evidence of student health insurance)

ドイツの大学(院)に入学するためには、健康保険に入らなければならない。

私が入った健康保険はAOKというもの。AOKにメールを送ると、必要書類が電子ファイルで送られてくる。書類に記入して送り返せば、証明書を発行してくれる。ちなみに、ドイツでビザを発給する際にもこの証明書が必要。

間違っても海外旅行保険には入らないこと。海外旅行保険は歯医者の治療費をカバーしていないため、大学側から却下される。あとから旅行保険が解約できないとなると、泣き寝入りするはめになる。そういった事例がよくインターネット上に挙げられている。

参考 AOK 〇パスポート (Passport)

自分の写真が載っているページのコピーを求められることがある。パスポートの期限には注意するように。

〇学生証用の写真 (Passport style photo)

ドイツの大学院における合否判定について

一例として、ミュンヘン工科大学・計算力学コースの審査基準を紹介します。

審査基準の一例
一次審査:
書類のみで審査を行う。100点満点中75点以上取れれば、その時点で入学が許可される。64点以下であれば不合格。
二次審査:
一次審査で65~74点だった応募者と面接する。書類と面接の出来で合否を判断。
大学によって審査基準は異なりますが、面接なしで合格できることもあります。

詳しい審査基準に関しては、大学に直接メールを送って確認しましょう。倍率などを教えてくれることもあります。

私のドイツ大学院受験結果について

私はミュンヘン工科大学、シュツットガルト大学、ルール大学、ドルトムント工科大学の計4つの修士課程に応募しました。

結果はシュツットガルト大学以外すべて合格 (面接はなし)。第一志望であったミュンヘン工科大学に入学を決めました。

最後に、正規留学と聞くとアメリカ、イギリス、オーストラリアがよく候補に挙げられますが、ドイツも捨てたものではありません。

質の高い授業、国際的な環境、低コストを提供してくれるドイツの州立大学、ぜひ一度検討してみてください

追記
ドイツでは学士課程(3年)と修士課程(2年)が大学、博士課程が大学院というくくりになっていると思われます。

その背景として、もともと主流だったDiplom/Magisterという学位が学部と修士の学位制度に移行した(している)ことが挙げられます。

Diplom/Magister時代の名残もあってか、ドイツの大学の修士課程では基本的に座学が中心となります。

今回の投稿では日本人の感覚に合わせるために、”ドイツの大学院に進学するまで”というタイトルにしました。ご容赦ください。

38 Comments

福田

こんにちは!ドイツの学位に正規留学したいと思っている、高校三年生です。

一年開けて来年の秋からミュンヘン工科大学のコンピューターサイエンスに行きたいと思っているのですが、その場合でもドイツ語の勉強は必要ないのでしょうか?
HPには授業は英語であると書いてあったのですが、入学する際にはドイツ語の技能証がなくても可能でしょうか、よろしくお願いします。

返信する
yama9980

こんにちは!
コメントありがとうございます。私の知る限りでアドバイスさせていただきます。

授業がすべて英語で行われるかどうかによります。もしドイツ語の授業もあるのであれば、ドイツ語の技能証も必要になると思います。HP上にrequirementsという箇所があると思うので、そこを入念に読んでみてください。それでもよくわからないという場合は、大学にメールを送ってみてください。

ドイツで住むことを考えると、ドイツ語はできたほうがよいです。私の経験上、授業で困ることはありませんが、日常生活で困ることがたまにあります (たとえば、契約書にサインするときなど)。

また何かあれば、お気軽に連絡ください。
ご健闘お祈りします。
山本

返信する

こんにちは。現在台湾の大学に正規留学しているものです。将来的にミュンヘン工科大学大学院の建築学科に入りたいと思っています。
現在大学一年生なのですがGPAが大学院の規定に届きそうにないです。他の項目でカバーは可能なのでしょうか?
自分の計画としては大学を5年かけて卒業してドイツ語や英語の成績にゆとりを持たせてから受験しようと考えているのですが留年などは試験の合否に響きますでしょうか?
参考資料が少なくて困っています、よかったらご教授お願いします。

返信する
yama9980

こんにちは。コメントありがとうございます。早速、質問の回答をしていきますね。

ドイツの大学院の合否には、志望動機や推薦状なども大きく関与しますので、それらでカバーすることが可能です。それから、”あ”さんは現在大学1年生ということですので、GPAはまだまだ挽回できると思います。

大学を5年で卒業することは特に問題ないと思います。私は日本の大学を5年(通常の4年+留学1年)で卒業しましたが、そのことが大学院の合否に悪い影響を与えたとは思いません。私の周りにも、大学を5年で卒業したという学生が何人かいます。

また何かあれば、お気軽に連絡ください。
山本

返信する
フランク

お世話になります。
ドイツの大学院の会議通訳専攻を考えているものです。(全く理系の専攻ではありませんが、ドイツ留学の情報がなにぶん少ないので3点質問させてください。
1.大学院の書類審査にあたり、受験資格が「学部時代の成績がドイツのスケールで2.0ある者」とありますが、記事に書かれているのを拝見した限りこれは絶対2.0でなければ書類は受け付けない、ということではないという認識で大丈夫ですか?(ちなみに私も学部時代の成績は4.0中2.83でした。)
2.ドイツの大学院の専攻は学士時代の専攻と一致していないと厳しいと伺っていますが、ものすごく厳密に一致してないと書類すら受け付けてくれないのでしょうか?
3.応募者のユニークさなどはどの程度考えてくれるのでしょうか?私は日本の高校を出てすぐにアメリカの州立大学に学士正規留学をして6年かけて学士をとりました。なので第二言語で授業を受けていたのである程度成績が飛び抜けていなくてもその辺りは考慮してくれるのかな?とは考えていますがいかがでしょうか?

長文となり失礼しました。

返信する
yama9980

こんにちは。コメントありがとうございます。早速、質問の回答をしていきます。

1. 求められる成績はプログラムによって異なります。私のほうからは、進学を希望される大学のホームページを確認してくださいとしか言えません。この記事に書いてある”ドイツの成績評価システムで2.5が最低ライン”という条件は、私が受験したプログラム(4つすべて)に限ったことです。実際に足きりがあるかどうかは私にはわかりません。

2. これに関しても、希望される大学に問い合わせてもらうしかないです。私は以前、学部の専攻と違う修士のプログラム(機械工学から情報学)に問い合わせましたが、専攻が違うためダメと言われました。

3. これに関しても、私の口からはなんとも言えません。個人的には、第二言語で授業を受けている学生はほかにもたくさんいるので、そこまでプラスにはならないかと思います。ただし、履歴書や動機文で自分のこれまでの頑張りをアピールすることはできます。

また何かあれば、お気軽に連絡ください。
ご健闘お祈りします。

山本

返信する
NICO

はじめまして
私は社会人でドイツの大学院の正規留学を目指しているものです。
お聞きしたいことがありましたのでコメントさせていただきます。

今はベルリン工科大学を第一志望にしていますが、応募書類の提出締切は来年の5月となっており、6月に面接予定とHPには出ていますが合格発表がいつなのかが記載していません。参考までに受けられた大学院の合格発表までの期間がどのくらいだったか教えていただけないでしょうか?
仕事をしているので引き継ぎ等も考慮すると最低でも渡航の3ヶ月前までには合否が判明しないと難しいなと思っています。

また、ドイツの大学の合格率・倍率はどの程度かわかりますでしょうか?
(学校によるとは思いますが)
合格発表が遅ければ見切り発車で会社を辞めなければならないのですが、
全ての大学院落ちてしまった場合全くの無職になってしまうのではないのかと心配しています。

お手数ですがわかる範囲でお教えいただけると幸いです。
ちなみに専攻は建築学です。

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。

私がドイツの大学院に応募した時は、合格発表までに2ヶ月ほどかかりました (応募した4つの大学すべて)。なので、5月応募ということであれば、7月末には合格発表があるのではないかと思います。大学側にメールを送れば、合格発表の日を教えてくれるかもしれません。

倍率に関しても、大学側にメールを送れば教えてくれるかもしれません。参考までに、ミュンヘン工科大学の計算力学コースは応募者700人超えに対して合格者40人ほど、ルール大学の計算力学コースは応募者1500人に対して合格者50人ほどでした。ただし、日本人の応募者は少ないので、受かりやすい傾向にあるのではないかと思います。

ご健闘お祈りします。
山本

返信する
yumi

初めまして。
私は、現在経営学部の2年生で、卒業後はドイツの大学院に留学を考えています。
2つお聞きしたいことがあり、コメントさせていただきました。

1つ目に、入学に必要な履歴書というものはどれほど重要視されるものなのでしょうか?
大学院留学を考え始めたのが最近なので、履歴書にかけるようなことを全くやっておらず、またどのレベルの活動が書けるのかもわからない状態です。

2つ目に、私は一ヶ月のアメリカ語学留学以外の海外の経験はなく、これからの勉強だけで大学院留学というものが可能なのでしょうか?

抽象的な質問で申し訳ないです。ドイツ留学は、英語圏留学に比べ情報量も経験者の方も少なく困っていました。文系のことなのでわかる範囲で全く構わないです。お手数ではありますが、お時間あるときにお答え頂けたら幸いです。

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。
早速、質問の回答をしていきますね。
1. 履歴書がどれほど重要視されるのかは、私にはわかりません。個人的には、”自分がこれまでに学んできたことやこれからやりたいことと大学院留学とのつながり”、といったところが履歴書・動機文でしっかりとアピールできていれば大丈夫だと思います。それから、大学の成績がものすごく重要視されます。成績は高ければ高いほど評価されるので、なるべく良い成績をとっておくようにしてください。

2. Yumiさんはまだ大学2年生なので、英語力を上げる時間は十分にあります。試しに、海外の大学のオンライン授業を視聴してみてはどうでしょうか。無料でたくさんの動画を見ることができますよ。オンライン授業の詳細に関しては、”英語で学べる、英語で知識が増やせる海外のサイト10選”という記事をご覧ください

山本

返信する
M.Schweiz

今日は。将来、ドイツの大学院に行く可能性がある浪人生です。
質問が2つあります。
まず、ドイツの大学院は学部と同じものを専攻するとインターネットで見たことがあるのですがもし、ドイツの大学院にないような学部に入った場合(例えばキャリアデザインや文学構想)は自分がやっていることを大学院で専攻出来ますか?
そして、学部名と学部でやっていることが違う場合(文学部に行っているけれどやっていることは心理学で大学院で心理を専攻したい)は今、自分がやっていることを大学院で専攻出来ますか?

お時間がある時で構いませんので返信宜しくお願いします。

返信する
yama9980

コメントありがとうございます。

1つ目の質問に関しては、私の口からは何とも言えません。
進学希望の大学に問い合わせるしかないです。

2つ目の質問に関しては、進学希望の大学が要求する単位・学位がそろっていれば大丈夫かと思います。
詳しくは、大学のホームページで出願要件を確認してください。

山本

返信する
ユウナ

初めまして。私は専門士が取れるバイオテクノロジー学科がある専門生一年です。
通信大学卒からドイツの理系(工学部など)の大学院に入学は可能でしょうか?探してもイマイチ分からず終いで良ければ分かる範囲で教えてください。

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。

日本の通信大学の卒業証明書がドイツで認められるかどうかは、私にはわかりません。Uni assistという団体に連絡していただくのが確実だと思います。

山本

返信する
レイ

こんにちは。生物学を専攻している大学1年生です。大学院での学位留学を考慮に入れており、情報収集していたところ、こちらのブログに出会いました。
推薦状についての質問があります。出願の際に北米の大学院では3通、欧州では2通求められるところが多いようですが、やまさんは指導教官以外にどなたから推薦状を貰いましたか?もし差し支えなければ教えていただければ幸いです。

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。推薦状が複数いる場合もありますね。
私の場合、指導教員+ほかにお世話になった大学の先生に推薦状を書いてもらう予定でしたが、
結果的に指導教員の推薦状1通でこと足りました。

私からのアドバイスとしては、今のうちから将来推薦状を書いてくれそうな人を見つけておくことです。
大学の先生やインターン先の上司など
(最悪、自分で推薦状を書いてサインだけしてもらうということも可能です)

山本

返信する
yu

こんにちは。電気電子工学を専攻している高専4年生(大学1年)です。アーヘン工科大学もしくはミュンヘン工科大学を志望しているのですが出願の際に、センター試験の点数を提出されましたでしょうか。自分はセンター試験を受験する機会がございませんのでそこをどう評価されるのか気になっております。また出願の際は、卒業見込みがあれば出願することは一般的に可能であると考えてよろしいでしょうか。

返信する
yama9980

こんにちは。コメントありがとうございます。

学部(Bachelor)のプログラムであれば、おそらくセンター試験の結果が必要です。
センター試験の結果が大学の提示する基準に達していない場合は、大学準備コースからスタートすることになると思います。
修士(Master)のプログラムであれば、センター試験の点数は必要ないはずです。

出願の際は、卒業見込証明書で大丈夫なはずです。念のため、希望する学科のホームページを確認してください。

山本

返信する
やま

今電気電子を専攻しているものです。
3年なのですが、大学院でLMUやTUMで、専攻を変更することは可能であると思いますか?直接問い合わせをしましたが、答えが得られませんでした。ちなみに、今は電気電子のクラスよりもコンピュータ系を中心に履修しています。

返信する
yama9980

コメントありがとうございます。

専攻を大きく変えるのは難しいと思います(たとえば、電気電子から建築とかだと厳しいかと)。
ただし、出願要件にB.E.E (Bachelor of Electrical Engineering)が入っている場合や、必要な単位(特定分野)がそろっている場合は大丈夫です。
これに関しては、進学希望の学科・プログラムのホームページにある、Requirementsの欄を見てください。

山本

返信する
m

ドイツの大学院から専攻を変える場合その専攻の知識がほとんど無くても授業についていくことは可能ですか?具体的に言うと電気電子工学からコンピュータサイエンスを考えています。

返信する
yama9980

こんにちは。コメントありがとうございます。

授業についていけるかどうかは、ご自身の努力次第だと思います。
留学前にコンピューターサイエンスの勉強をしておけば、大丈夫ではないでしょうか。
それよりも、専攻を変えられるかどうかをしっかりと確認しておいてください。

山本

返信する
s-schweiz

先日コメントをしたものです。
返信していただきありがとうございます。
とてもためになりました。

返信する
えみ

はじめまして。
ドイツの大学院に10月入学を目指しているえみと申します。現在必要書類をなんとか集めつつあるのですが、出願方法がいまいちあやふやなので質問したいです。
まず、大学院出願に関してはその大学のポータルサイトでアカウントを作ってそこから必要書類を提出して出願という方法が一般的なのでしょうか?Uni assistを見るとDAADで見たより明らかにMasterが少ない印象だったのですが、uniはBachelorの出願方法なのでしょうか?
また、何校出願されたのか参考にしたいので教えていただければ幸いです。

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。

そうですね。大学のポータルサイト上でアカウントを作り、出願するのが一般的だと思います。
私はミュンヘン工科大学、ルール大学、シュツットガルト大学、ドルトムント工科大学の4校に出願しましたが、
どこも大学のサイトを通して出願をするという形でした。

Uni-assistは、どちらかというとBachelorを扱っている印象があります。
ただし、修士の出願であっても、大学やプログラムによっては書類(たとえば成績証明書)をUni-assistに送るよう言われます、
そのあたりに関しては、大学のホームページで出願要綱を確認していただくのが確実です。

山本

返信する
ゆうたろう

こんにちは
現在大学2年で卒業後にドイツの大学院への留学を考えている者です。現在、GPAが2.81なのですが、ネットなどを見ていると3.0ないと厳しいというようなものをよく見ます。これから成績を上げるよう努力はするつもりですが、実際学部を卒業してすぐ行く場合2.5以上くらいのGPAではどこもきびしいのでしょうか?また自分は専門科目の成績はそれなりに高くAとSのみなのですがその他の科目で成績を下げています。選考の際に専門科目とその他で比重が違うというようなことはありますでしょうか?

返信する
yama9980

はじめまして。コメントありがとうございます。

個人的には、GPA2.5あるのであれば勝負できると思います(専攻にもよりますが)。ドイツの大学では、学生の成績はそこまでインフレしていないように感じます。
一番確実なのは、進学希望の大学のホームページで出願要綱を確認することです。
参考までに、私の学部時代のGPAは2.8ほどでしたが、それでも合格できました。

専門科目とその他の科目で比重が変わるかどうかは、残念ながら私にはわかりません。

山本

返信する

初めまして。
社会人から工学系の研究がしたく、今年受験したのですが、
国公立に通らず、もう一年チャレンジするか、私大で頑張る、
もしくは編入で悩んでいる所で、海外の大学の厳しさを知り
かなり大変な道かとは思いますが、学べるものも多そうなので、
もう一年かけるならこちらを目指すという道を考えたいと思っています。

そこで伺いたいことがありご連絡させて頂きました。
お手数ですが、ご教授頂けると幸いです。

今年センターで62%には届いているのですが、数学で失敗してしまったので、機械工学であれば数学で傾斜配点等あるのかという点と、高校卒業後の保管年数を過ぎており、成績調査書は発行不可、単位取得証明書であれば発行可能なのですが、そういった前例が見つからないため、それでは難しいのかという点で不安を感じています。

また、10月までにドイツ語の能力を引き上げられなかった場合は、次年度の共通テストを再度受ける必要が出てくるのでしょうか。

仕事を辞めての学生生活となるので、私大となるとかなり金銭的には
厳しいですが、そこで頑張って院や編入からの入学を考えた方がベストでしょうか。

日本よりは寛容に思えるのですが、年齢というハンディがある分、少しでもベターば道を選びたく、実際の厳しさ等を知っている方の率直なご意見を頂ければと思い質問させて頂きました。
長文になってしまい申し訳ありません。
宜しくお願い致します。

返信する
yama9980

はじめまして。
コメントありがとうございます。

残念ながら、共通テスト(センター)の結果が来年も使えるかどうかは私にはわかりません。
ドイツの大学への応募はUni-assistという団体が管轄していますので、そちらに聞いていただいたほうが確実です。
(ただ、Uni-assistに聞いても不確実な回答しかかえってこないことがあります。応募してみないとわからないといった感じです。)
参考までに、Abitur(ドイツのセンター試験のようなもの)の結果は基本的に使いまわすことになっています。
年齢に関しては、ドイツのほうが寛容です。また、日本のような大学の序列はないです。
日本の大学からドイツの大学の修士へ進学するということであれば、大学の成績がよければ問題ないと思います。
(実際、私は日本の上位の国立大を出ていませんせんが、ドイツに来ることができました。)

よろしくお願いいたします。
山本

返信する

度々すみません。
ちなみに、大学からの編入や院からの留学と言ったときに、
現在所属の大学自体のレベルというのはどの程度影響するのでしょうか。

先程の質問で書かせて頂いたように、金銭的にも学べる内容的にも
国公立への三年次編入も考慮に入れてはいるのですが、
現在受かっている私大でとれるGPAと、
目指す大学でとれる評価に隔たりがあるのではとも思います。

自分の実力不足もあり、国公立に的を絞ってもう一年する費用も考えて
センターで入れる所のみしか受けていないため、
現在受かっている大学は俗に言うトップレベルの大学ではなく、
日本人であれば名前は聞いたことある、といった私大です。

返信する
ゆり

初めまして。コメント失礼します。

私は日本の大学に通う新3年生で、2週間前までドイツのハノーファーで交換留学生として勉強していました。英語留学だったため、ドイツ語は良くてA2レベルで、英語はTOEICで言うと800台のレベルです。(今の語学力はわかりませんが、留学先での授業にはついていけるレベルです。)

両親には卒業後そのまま就職するものだと思われており、現状では私も夏インターンに向けて準備をしている最中です。
しかし、コロナウイルスの影響で5カ月残して留学中止となってしまったこと、ドイツという国が大好きになったことから、大学院進学し、正規の学生としてドイツで学ぶのもありだな、と思うようになりました。
親には遊びたいだけだろ、就活から逃げたいだけだろ、と言われてしまいそうでまだ伝えられていません。(昔、似たようなことを父に話した際には「日本で就活するならドイツで学位取っても無駄だろ」と言われてしまいました。父は就職後、会社のお金でMBA留学をしたため、留学するならMBAにしろともいわれました。)
ですが、給付型の奨学金を取ることができれば、何も言われなくなるのかな、とも考えています。

そこでお尋ねしたいのですが、
・3年のうちからある程度の準備(書類、奨学金など)は進めていくべきか
 ・進めていく場合、何をすれば良いか
・文系学部ではあるが、ビッグデータを扱うゼミに所属する予定のため、Data Analytics系の分野で出願可能か(統計学、プログラミングの授業なども受講している)
・奨学金を取られている場合、だいたい何団体に応募したのか
・ドイツ語および英語力を上げるためにされていたことがあれば教えていただきたい

一応私の情報を書き足しておくと、
現時点でのGPA:3.38
大学レベル:給付型奨学金を出している団体の「推薦校」に掲載されるレベルの私立
です。

長文かつ読みづらい文章になってしまい申し訳ないです。お時間のある時にお返事をいただけると嬉しいです。

返信する
yama9980

はじめまして。
コメントありがとうございます。

日本の大学を卒業してドイツの大学の修士課程に進学しようか考えているとのことですね。
できることであれば、今のうちから準備を始めておくことをおすすめします。
早い段階で留学計画(たとえば留学費用の概算や卒業後の計画など)が整っていれば、親を説得させやすくなるのではないでしょうか。留学に対する本気度も伝わると思いますし。
まずはDAADのホームページに行って、修士のプログラムを探してください。
(リンクは記事に貼ってあります。DAADは奨学金も出しているので要チェックです。)
気になるプログラムがあれば、出願要件を確認しましょう。
専攻を変えられるかどうかは、私の口からは何とも言えません(特定分野の単位が一定数あれば可能かもしれません)。
大学・プログラムに直接確認してもらうのが確実です。

ドイツ語はYouTubeを見て勉強していました。Easy GermanやLearn German、Hallo Deutschschuleあたりがおすすめです。
大学に入学したら、おそらくそこでドイツ語の授業が無償で受けられるはずです。
英語に関しては、Netflixでドラマを見たり、YouTubeを英語で見たりしていました。
ほかにも、TedTalkを見たり、オンラインで大学の授業を受けたり、英字新聞や本を読んだりしていました。
(ひたすら英語でインプット・アウトプットをしていた感じです。)
もっと具体的な情報に関しては、カテゴリー「英語」でいろいろと紹介しています。参考にしてみてください。

それから奨学金に関してですが、私はDAADとJASSOの2つに申し込みましたがどちらもダメでした。
個人的には、もっとほかの財団にも申し込むべきだったと思います。奨学金はあるにこしたことはありません。
(奨学財団に関しては、「留学のための情報収集の仕方」というページでいくつか紹介しています。)
GPAは問題ないと思います。参考までに、私の学部時代のGPAの方が低かったです。

山本

返信する
いな

ドイツの大学院を受ける場合open admission no NCとあれば学位と英語力の証明が出来れば必ず入学出来るのでしょうか?

返信する
yama9980

はじめまして。
コメントありがとうございます。

Open admission no NCの場合、必要書類がそろっていれば合格できるはずです。
大学院にno NCの制度があるかどうかはわかりませんが。

山本

返信する

やま 様

早速のご回答、また丁寧なご説明本当にありがとうございます。
コロナ騒動、ドイツは落ち着いてきたとのことで、さすがだなと感心しております。

現在のセンターの結果では不確定要素が大きそうですので、
大学の序列等ないのであれば、今の大学で良い成績を取れるよう努力しつつ、確実に留学の準備を整えていこうと思います。
ですが序列等ないのであれば、学費などは安くなるものの偏差値が高くなる国公立への三年次編入等はしない方がGPAは高くなるのでは?と少し思ったのですが、そう言った考え方はありなのでしょうか。

勿論同じ機械工学でも研究内容は違うので、一概にどちらがいいとはいいきれないのでしょうが、近い研究内容で偏差値が違ってくるのであれば単純にGPAだけで考えたときに留学の可能性がかなり変わるのだろうかと思った次第です。

何度もすみません。
上記に関しては編入試験まで時間があるので、自分でも調べつつ考える余裕があるため、もしご多用でしたら返信のお気遣いは無しでも大丈夫です。
年齢への寛容さや、大学の序列に関してのお話、とても励みになりました。
ここからは自分の努力にかかってくるので、精一杯頑張りたいと思います。

(…とはいってもコロナの影響で大学の開始も未定のため、何からやればいいのか悩みつつ、とりあえずGPAと奨学金のためにTOEIC勉強を始めてみたり、大学受験の復習をしてみたりしかできてないのですが…
オリエンテーションもまだなので、やはり第二言語はドイツ語をとった方が効率がいいのだろうか…など考えつつ、ドイツ語については現状まだ手付かずでAmazonさんで教材を調べたりしてます)

返信する
yama9980

帽様

そうですね。GPAに焦点を当てるのであれば、それも1つの考え方です。
最終的には帽さんがどうしたいかだと思います。いずれにせよ、ドイツに来ることがダメになった場合のことも考えておいてください(プランbなど)。
今回のコロナなようなことがまた起こるかもしれませんし、もしくは途中で気が変わることもあるかと思うので。

大変な時期ですが、お互いに頑張りましょう。

山本

返信する
広海

こんにちは。大学院に正規留学を考えている大学4年生です。
ブログ拝見させて頂きました。
とても参考になることばかりでした。ありがとうございます。
その中で、いくつかお聞きしたいことがあります。
もし、他のコメントで回答されていたら申し訳ないですが、よろしくお願いします。

一つ目は志望理由書に関してです。
大学院に出願するための志望理由書は誰かに添削や見てもらう機会はありましたか?どこに頼ればいいのかよくわからない状態なので、参考にさせてもらいたいです。

二つ目は研究室の連絡についてです。
理系の大学院に進学するため、現地の研究室や教授に連絡を取るべきなのかどうかも迷っています。大学院に進学する上で、教授に連絡しておくべき理由や連絡の仕方(連絡先をどのように得るのかなど)を教えて頂きたいです。

最後に、大学院の試験で、ミュンヘン工科大学に僕も出願しようかと考えています。合否判定に関して、即不合格、合格、面接という3通りあると思いますが、面接になった場合どのようなことを聞かれるかご存知でしょうか?知っていれば教えていただけると幸いです。

返信する
yama9980

はじめまして。
コメントありがとうございます。
(返信が遅れてすいません。)

1. 大学の国際課(場合によっては留学エージェント)に添削してもらうのがよいかと思います。
自分の思いをうまく文章で表せているかは確認しましょう。

2. 教授の連絡先は大学のホームページに載っているはずです。
ただし、ドイツの大学の修士課程は座学中心ですので、必ずしも教授に連絡を取る必要はありません (研究補助のアルバイトはできますが)。

3. 私は面接無しで受かってしまっため、詳しい面接の内容はわからないです。
ただ、なぜドイツなのか、なぜこの大学・専攻なのか、といったところは、はっきりと答えらるようにしておいた方がよいと思います。

出願準備頑張ってください。応援しています。

山本

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です