フルハウス解説

フルハウスとは

フルハウスは、妻を亡くした主人公のダニーが義弟のジェシーと親友のジョーイとともにD.J. 、ステファニー、ミシェルの娘3人を育てていくアメリカのコメディドラマです。単純に笑いを誘うだけでなく、家族や友人の大切さなどを語るドラマでもあります。また、1話20分であるため、隙間時間などに手軽に観賞できます。

フルハウスを用いた英語学習は、日常生活で使える表現が身につくリスニングの能力が飛躍的に上がるという点で非常に効果的です。さらに、フルハウスを理解できるようになると、英語の実力はTOEIC 900点~に相当します。

フルハウスで使用された英語表現の解説

作中で使用された英語表現を関連する知識とともに解説しています。2話目以降の解説はPDFにしてあります。ドラマの理解に役立ててみてください。

第1話の解説

1. cabはタクシー (taxi) のこと。ニューヨークのイエローキャブ (yellow cab) は有名。

2. gotta = get toは“~しないと”の意。学校では習わないが日常会話ではよく使用される。たとえば、I gotta go.で“行かないと、行かなきゃ”と表現できる。

3. miss you,“恋しい”の意。さみしい気持ちを表す。

4. I don’t have to go back home. go back homeで“家に戻る (帰る)”の意。go to homeとは言わない点に注意。似た表現として、get (back) home もある。

5. Everything is gonna work out super great.は“すべてがよくなるよ”の意。gonnaはgoing toの省略形。これも学校では習わないが日常会話ではよく使用される。greatは基本的にsuperで強調する (soのときもある)。very greatは聞いたことがない。

work outは“良い結果となる”の意。I hope everything will work out for you.はよく聞く表現。ちなみに、work outには“ジムで鍛える”の意味もある。muscle training (筋トレ) でも通じるが、work out が一般的。また、筋肉痛は英語で sore (muscle) という。muscle pain でも通じることには通じる。

6. Your uncle Jesse is moving in (the house). move inで“引っ越してくる”の意。逆に出ていくときはmove outを使う。国や都市などに引っ越す場合はmove toを使う。たとえば、He is moving to Tokyo.

7. Do I have to share my room with her?

ルームシェア (room-share) やシェアハウス (share-house) は日本語英語。ただし、理解はしてもらえる。私がアメリカ人に対して使った際、“便利な表現だね。英語にはなんでその表現がないんだろう”と言われた(笑)。

8. Yeah, with only one guest who never leaves.は“帰らない客1人と一緒にね”の意。one guestはステファニーのことを指している。このDJの発言は皮肉 (sarcasm) そのもの (笑)。

9. Our eyes meet.は目が合うの意。meetは目が合うときにも使える。

10. She was starving. starve飢えるの意。

バネッサ (she) は食べ物に飢えていたのではなく、男 (sex) に飢えていたことがうかがえる。その前のダニーのFood, food, she was hungry, right? (彼女はお腹が減っていたんだろ) という発言は、子供たちの手前そういう話はしたくないという親心の表れ。

11. I run out of clean cloths.で“きれいな服を切らす”の意。We’re running out of time. とすれば、“時間ないよ~”と表現できる。

12. Having you and Joey here really means a lot to me. mean a lotで“大切な”や“大事な”の意。Having you and Joey here までが主語 (単数形扱い)。ここでは、ダニーがジェシーとジョーイが家に来てくれたことに対して、感謝の気持ちを表している。

13. God bless you! (神の加護があるように) 誰かがくしゃみをしたときによく使う表現。God bless you!に対しては、普通にThank you (Thanks).と返せばよい。ここでは、ダニーが感極まり思わず言ってしまった。

14. big (older) sister/brother, little (younger) sister/brother bigやlittleを用いることで兄、弟、姉、妹を表現できる。

15. I told you I would find a way out. ステファニーはDJに対して、“(部屋を) 出られるって言ったじゃん”と言っている。find a way outは“活路を開く”の意。told の時制に合わせて、would が使われている。

16. I’ve never changed a diaper. (オムツを変えたことがない) というジョーイ。Me, neither. (俺もない) というジェシー。ここでは否定文のため、Me too.ではなくMe neither.が使われている。

17. At least you’ve touched one. oneはオムツ (diaper) のことを指している。at leastは“少なくとも”の意。at least 10のように数字に対しても使える。

18. Do you know where DJ is? この場合、where のあとは主語、述語の順番になる。大体の居場所を聞きたい時は、Do you know one’s whereabouts? という表現が使える。

19. I want you back inside right now, this instant. (今すぐ中に戻りなさい) とお父さんらしく振舞うも、Is that ok? (それでもいい) と何故か弱気に尋ねるダニー。

20. Five bucks if you move back in (your room).は“戻れば5ドルやる”の意。ドル札buckということがある。

21. She’s history.で“彼女は過去の人”の意。ほかにも、2人に何かしらの過去があるとき、We have history.と言える。

22. The deal is off. the dealは、ここではジェシーがお金を払うことでDJが部屋に戻る約束(取引)を指す。その約束がoffなので、約束は無効(無し)の意味となる。

23. You buy them off!? buy offで“お金を払って免れる”の意。I can buy them some time.とすれば、“(彼らのために) 時間を稼げる”の意味となる。

24. Nothing is gonna break up this team. break upは、ここでは“引き裂く”のような意。

break upはおもに分解や解体を意味する。とくに、I will break up with my girlfriend.で“彼女と別れるよ”となる。

2話目以降の解説

フルハウス シーズン 1-2

フルハウス シーズン 1-3

フルハウス シーズン 1-4

フルハウス シーズン 1-5

フルハウス シーズン 1-6

フルハウス シーズン 1-7

フルハウス シーズン 1-8

フルハウス シーズン 1-9

フルハウス シーズン 1-10

フルハウス シーズン 1-11

ほかに、フレンズビッグバンセオリーといった海外ドラマも解説しています。

フルハウスを観賞するには

フルハウスの鑑賞には、動画配信サイトがオススメです。 インターネットがつながる環境であれば、好きな時に好きな場所でドラマを見ることができます。

Hulu、Netflix (ネットフリックス)、TSUTAYAであれば、無料お試し期間が最初に設けられています。自分に合わないと思えば、お金を払う前に解約することができます。

フルハウスを用いた英語学習に興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

ぼくの英語力の軌跡に興味のある方は、以下の記事をご覧ください。

更新日:

Copyright© 自分らしく生きる , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.