留学にクレジットカードは必要か [おすすめのカードも紹介]

creditcard

今回の投稿では、留学中のカード事情を説明しながら、クレジットカードの必要性とおすすめクレジットカードを紹介します。

ぼく自身、アメリカとドイツに長期留学したことがあるので、それなりに信頼性はあると思います。

留学中のカード事情

短期留学の場合

留学期間が1ヶ月程度であれば、おそらく留学先で銀行口座は開かないと思います。

その場合は、クレジットカードを持って行きましょう。現金だけでなんとかなるかもしれませんが、保険としてクレジットカードはあった方がよいです。

どのクレジットカードがおすすめか気になる方は、“おすすめのクレジットカード”の項を読んでください。

長期留学の場合

長期留学(半年~)するのであれば、ほとんどの人が留学先で銀行口座を開くと思います。現地で銀行口座を開けば、銀行のカードがもらえます(デビットカードかクレジットカード)。

現地の銀行のカードがあれば、それだけでも十分に生活していけるかと思います (国によるでしょうが)。

ぼくがアメリカに留学していた時は、Bank of Americaの口座を作りました。ドイツ留学の時は、StadtSparkasseの口座を作りました 。どちらの国でも、銀行のカードだけでわりと不自由なく生活できました。必要があれば、現金を口座から引き出せましたし。

さて、長期留学を予定している方に一番のおすすめしたいのは、レートがよい時にTransferwiseで現地の銀行にオンライン送金して、あとは現地の銀行のカードもしくは現金で生活することです。

Transferwiseとは

Transferwiseとは、ロンドンに本拠地がある送金サービス会社のことです。

ほかの国際送金サービスとは違い、換金手数料が安いです。また、送金を受け付けてから送金が完了するまでの期間が短いです (1日か2日)。

クレジットカードの必要性

ここでは長期留学における、クレジットカードの必要性について考えていきます。

クレジットカードが必要になる場合とは、たとえば、現地の銀行カードをなくしてしまった時です。「銀行のカードをなくすなんて」と思われるかもしれませんが、これが意外と起こりえます。

たとえば、パーティーに行った時に財布ごとなくしたとか、旅行中にスリにあったとか… ぼくの周りの友達にも、銀行カードをなくした人がいます

普段使う銀行カードをなくしてしまっても、それとは別にクレジットカードがあれば安心です。(両方いっぺんになくしたら意味ないので、自分の部屋に置いておくなど、工夫しましょう)

クレジットカードはたとえ紛失したとしても、カード会社に連絡を入れればすぐに使用禁止にできます。クレジットカードを持っていて損をするということは少ないです。

クレジットカードを予備として持っておけば、もしものことが起こっても大丈夫です。

おすすめのクレジットカード

大前提として、VisaもしくはMastercard付きのクレジットカードを持って行きましょう。Visa/Mastercard以外だと、海外で使えないことが多いです。

次に、為替レート手数料を確認しておきましょう。為替レート手数料は1.6%/1.63%/2%の3種類が主流です。

この為替レート手数料は支払いにどう影響してくるのか。

簡単な例を紹介すると、1ドル=100円で為替レート手数料1.63%の場合に100ドルのものをカードで買うと、100 [ドル] × 100 [円/ドル] × 0.0163 [-] = 163円の手数料が上乗せされます。為替レート手数料が2%だと、200円が上乗せされます。

カードで支払う代金が大きくなるほど、手数料も増えます。なので、為替レート手数料はなるべく小さい方がよいです。個人的な意見としては、為替レート手数料が1.63%以下なら好条件です。

Visa/Mastercard付きで為替レート手数料が1.63%以下のクレジットカードをすでに持っている方は、それをそのまま持って行けば大丈夫です(一応、カードの使用期限は確認しておきましょう)。

為替レート手数料が2%のクレジットカードを持っている人も、留学先でクレジットカードをあまり使う予定がないのであれば、そのままでよいかと思います。新しいクレジットカードを作るのはいろいろと手間がかかりますからね。

まだクレジットカードがないという人は、学生専用ライフカード楽天カード がおすすめです。どちらのカードもVisa付きで、為替レート手数料が1.63%です。おまけに、年会費が無料でポイントがたまります。(2019年時点)

ちなみに、ぼくは楽天カードをもともと保持していたので、それを留学に持って行きました。クレジットカードは1枚あれば十分だと思いますが、心配な人は2枚持って行きましょう

ほかに、短期留学(主に90日以内)を予定している人は、クレジットカードについてくる保険を確認しておきましょう。

最近のクレジットカード(学生専用ライフカードしかり)には、カードを付帯しているだけで保険がかかる機能がついています。場合によっては、留学保険に入らなくてよいかもしれません。

長期留学をする予定の人は、ほぼ間違いなく留学保険などに入ると思うので、そこまで気にしなくて大丈夫です。